HOME » おさえておくべき葬式の基礎知識 » 食事の振舞い方

食事の振舞い方

葬儀には、参列者に食事を振る舞います。葬儀の会食の注意点やマナーについてまとめてみました。

葬儀での食事の振舞い方とは

葬儀を行う際には、通夜のときの「通夜振る舞い」、四十九日のあとの「精進落とし」という会食があります。葬儀を執り行う側として、どんなことに気をつけるべきなのかをまとめてみました。

会食のマナー

葬儀の会食におけるマナーは、基本的には他の会食と同じように最低限のマナーがあれば大丈夫です。

ただ、会食は思い出などを話しながら故人を偲ぶのが目的。故人に全く関係ない話や死因など、デリケートな話題は避けたほうがよいでしょう。

また、お酒を飲んで酔ってしまったのが原因で、トラブルへ発展してしまうことも。会食でお酒を飲む際は、いつも以上に気をつけてくださいね。

通夜振る舞い

通夜のあとのお食事が「通夜振る舞い」。遺族の意向や地域性によって形が大きく変わるようです。寿司や揚げ物などが大皿で出て、皆でつまみながら話をするのが一般的な形になります。

最近では、気軽につまめるものが用意されることもあり、お茶とお菓子で通夜振る舞いをする地域もあります。関東では親族以外にも通夜振る舞いに参加してもらうことが多いようですが、それ以外では親族のみで通夜振る舞いをします。

通夜振る舞いは長い会食ではないので、故人に関係のある話をする程度にとどめておきましょう。1時間程度を目安に、タイミングを見て喪主がお開きの挨拶をします。

精進落とし

本来、死後49日間は肉や魚を食べずに精進料理を食べるのが習わしでした。初七日の法要のあとにこの精進料理を食べる日を終え、日常に戻るために行われるのが「精進落とし」です。

しかし最近では、初七日を葬儀や告別式と同じ日に行うのが一般的。そのため、精進落としも葬儀の日に振る舞われます。お坊さんや親族を労う場として考えてよいでしょう。

通夜振る舞いとは違い、出席者ごとにお弁当や御膳を用意します。喪主は出席者のもとをまわり、出席のお礼や故人との思い出などを話しましょう。

会食後は喪主から感謝の挨拶を述べ、お開きとします。解散する際に、引き出物をお渡しすることをお忘れなく。

想いを込めたお見送りがしたい人へ 多摩エリアでおすすめの葬儀社ガイドはこちら

【免責事項】このサイトは2017年7月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGETOP