HOME » おさえておくべき葬式の基礎知識 » 祭壇・お棺・骨壺の種類

祭壇・お棺・骨壺の種類

祭壇やお棺、骨壷などの葬儀の備品について、種類や価格の相場、そして選び方のポイントなどをまとめました。

葬儀の備品の種類・価格相場について

葬儀にはいろいろと備品が必要になります。その中でも、いろいろと選択肢があって悩まされるのが祭壇、棺、そして骨壷。この3つの備品について、それぞれの種類や価格相場などをまとめてみました。

祭壇

祭壇は宗教や宗派によって種類が変わるので、葬祭を行う宗派などを確認してから決める必要があります。

元々は白木の祭壇が一般的でしたが、最近では故人の意思で生花を使ったオリジナルの祭壇にすることも。神式の場合は、三種の神器と言われる鏡・刀・勾玉などを飾ります。

白木祭壇はもっとも高級で、なかでも総檜造り、無垢材を使ったものは超高級品。そのほか、白木祭壇にキャンドルを飾ったキャンドル祭壇なども登場しています。

価格相場

祭壇の費用は、10万円〜100万円とかなり幅があり、選ぶグレードによって価格が大きく変わります。低価格帯のものは幅2mほど、100万円クラスになると7m以上の大きな祭壇になり、添えられる花も豪華になります。

祭壇費用の見積りには、運搬費用や設置費、人件費などが含まれているか確認しておくとよいでしょう。

選び方のポイント

祭壇のサイズは、葬儀の規模によって適切なものが変わります。近親者や親族だけなら小規模でもいいですが、100人を超える参列者がいる場合はある程度見栄えを考えるのが必要です。

故人の最後を飾る大切なものですから、あまり貧相にならないよう適切に選びたいですね。

天然木や布張りなどいろいろなものがある棺。木の棺は桐、樅、檜の順にグレードが上がり、高額になります。最近では、環境に配慮してダンボール製の棺を使うケースもあるそうです。

密葬や家族葬では、簡単に組み立てられる組立式のものを使うのが一般的です。

価格相場

簡易なものは5万円ほどから、布張りのものでは10万円からという相場になっています。刺繍が入ると25万円前後になり、前面に彫刻が入るものは50万円を超えます。檜の無垢材で豪華な彫刻を施したものは200万円を超えることもあるそうです。

選び方のポイント

一般的に使われるのは8〜15万円ほどのもの。特に理由がなければ、この価格帯のものを選んでも問題はないと思います。

ダンボールを使用したエコ棺も、興味があれば選んでみてもよいかもしれません。

骨壷

収骨した遺骨を納める骨壷は、西日本と東日本で違うものを使います。西日本は遺骨の一部を収骨するので6寸。東日本は全部の骨を納めるので7寸のものを選びます。

骨壺には、真鍮やアルミなどの金属製、ガラス製、瀬戸焼、九谷焼、大理石、青磁のものなど、様々な種類があります。また、キリスト教用のもの、カラーリングの骨壷など、バリエーションが豊富です。

壺のフタは、通常タイプのものと切立タイプの2種類。切立タイプは湿気が溜まりにくいと言われています。

価格相場

安いもので1,000円ほど、高いものは7〜8万円ほどが相場のようです。値段が高ければ品質がいいというわけではなく、デザインによって値段が上がる骨壺も。遺骨を長期間保存するための品質は、値段ではなく素材などで選ぶとよいでしょう。

選び方のポイント

骨壺は、デザイン性だけでなく品質を見て選ぶことが大切です。ただ、納骨するのではなく分骨してそばに遺骨を置いておくなら、デザインも重要になると思います。

焼き物や新しいデザインの骨壺は、家に飾っても違和感がないでしょう。用途に合わせて選ぶのがおすすめです。

想いを込めたお見送りがしたい人へ 多摩エリアでおすすめの葬儀社ガイドはこちら

【免責事項】このサイトは2017年7月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGETOP