HOME » おさえておくべき葬式の基礎知識 » お布施や戒名

お布施や戒名

葬儀のお布施の金額の相場や渡し方についてまとめました。「戒名ってどうして必要なの?」という疑問にもお答えしています。

葬儀のお布施の相場・渡し方について

仏式の葬儀の時に、お坊さんにお礼としてお渡しするのがお布施。「渡さなくてはいけないと分かってはいるけど、いくら渡したらいいのか分からない…」とお悩みの方もいらっしゃると思います。

また、作法を気にしてしまい、どのタイミングでお布施を渡したらいいのか迷う方も多いでしょう。このページでは、お布施の金額の相場や渡し方についてまとめてみました。

お布施の相場

一般的な金額は、火葬式のみなら5〜15万円、告別式〜初七日までなら15〜25万円、通夜から初七日までなら20〜50万円ほどとされています。これにお車料として別途で5,000円〜1万円を渡すこともあります。

また、納骨式にもお布施が必要。これは1万円〜5万円ほどが相場と言われています。

もともとお付き合いのあるお寺なら、直接聞いてみるのもよいでしょう。そうでなく紹介してもらったお寺なら、紹介してくれた人や葬儀社に相談してみるのも手です。

お布施の渡し方

お布施を渡すタイミングは、式の前に挨拶する時か式後にお礼の挨拶をする時。お盆の上にお布施をのせる、ふくさの上に置いて渡すのが作法です。

お布施は奉書紙(ほうしょがみ)に包むのがもっとも丁寧な方法ですが、無地の白封筒や「御布施」とプリントされた封筒を使ってもかまいません。

戒名は必要?

お布施には戒名料が含まれています。戒名料はお布施を占める割合が大きいので、戒名をつけなければお布施はかなり少額で済むでしょう。

実は、お布施をつけないで葬儀を行うことは可能です。しかし、戒名がないと納骨してもらえないケースがあるので、お寺に納骨する場合は戒名は必ず必要だと考えておくのがよいでしょう。

ただし、菩提寺に納骨するのでなく、いわゆる霊園に納骨する場合は戒名がなくても問題ないケースが多いようです。

想いを込めたお見送りがしたい人へ 多摩エリアでおすすめの葬儀社ガイドはこちら

【免責事項】このサイトは2017年7月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGETOP