HOME » おさえておくべき葬式の基礎知識

おさえておくべき葬式の基礎知識

あらかじめ知っておきたい、葬儀の基礎知識についてまとめています。

これだけは知っておきたい、葬式の基礎知識

お葬式の準備は、いつ訪れるかわからないもの。葬儀の準備や段取りについて知識がないと、どうしたらいいのかよくわからないまま進めてしまい、不満や後悔の残る葬儀をすることになりがちです。

納得できる葬儀をするためには、ある程度知識を持っておくことが大切。ここでは、お葬式に関する基礎知識をまとめてみました。

葬儀業社の選び方

いい葬儀を行うためには、何といっても葬儀社選びがもっとも重要です。病院や知人から紹介された葬儀社にすぐ決めてしまうのではなく、きちんと自分の判断で良い業者を選びましょう。このページでは、葬儀業者を選ぶためのポイントをまとめてみました。

葬儀社の選び方>>

祭壇・お棺・骨壺の種類

葬儀について決めることはたくさんありますが、その中でも備品のグレードや種類を選ぶ必要があります。特に迷うのが、「祭壇」「お棺」「骨壷」の3つ。これらについて、どんな種類があって価格はどれくらいなのか、またどうやって選ぶのがいいのかを調べてみました。

祭壇・お棺・骨壷など備品の種類>>

お布施や戒名

初めて喪主を務めるときに必ずと言っていいほど悩むのが、お布施のこと。お坊さんへのお礼であるお布施は、いくら払ったらいいのか悩みますよね。そこで、お布施の金額の相場や正しい渡し方を調べました。また、お布施の大部分を占める戒名料は必要なのかどうかもご紹介します。

葬儀に必要な布施や戒名>>

食事の振舞い方

葬儀には、通夜の後に行う「通夜振る舞い」と、初七日の法要の後に行う(最近は葬儀と同日に行う)「精進落とし」という会食の用意があります。会食のときのマナーや通夜振る舞い、精進落としについて調べてみました。

葬儀での食事の振舞い方>>

葬儀後に行うこと

葬儀を終えるとまず一息つきたいところですが、やることはまだまだたくさんあります。公的、年金・保険、相続など、急いで済ませなければならない手続きも。手続きで混乱しないために、やるべきことをリストにまとめました。

葬儀後にやること>>

互助会について

急な葬儀でお金に困らないように、助けになってくれるのが互助会のシステムです。会員登録して日ごろからお金を積み立てておくことで葬儀費用に困ることがなく、お得なサービスも受けられます。

互助会について詳しく>>

葬儀のトラブル事例

ここ最近、葬儀に関するトラブルの件数が急増しているのをご存知ですか?初めての葬儀はわからないことが多く、よく理解できないまま契約を交わしてしまう人が多いのです。大切な人を気持ちよく送り届けるためにも、トラブルのない葬儀を目指しましょう。実際に起きているトラブルの事例やトラブル回避のポイントを紹介します。

葬儀のトラブル事例を見る>>

【番外】後悔しないお葬式のために

実は、お葬式をあげた方の3割は葬式に後悔が残ったと思っているそうです。どんなところに後悔が残りやすいのか事例をご紹介しています。また、後悔のないお葬式をするためのポイントも調べました。

後悔しないお葬式のために>>

喪主の当日の動き

喪主の当日の動きを知っておくことも大切です。大まかには以下のようになっています。

  1. 葬儀開始の1時間前までに集合し、段取りの最終確認と受付準備をする
  2. 葬儀開始20分前には着席できるように、受付を行なう
  3. 開式後は葬儀社が司会をしてくれる
  4. お別れをした後、棺に蓋をして、喪主から釘打ちを行なう
  5. 喪主の挨拶をして、出棺
  6. 火葬を行なう。このタイミングで四十九日の法要の日程を確認しておく
  7. 喪主から順に骨上げをする
  8. 初七日法要を行なう
  9. 喪主が精進落としを振る舞う。最後に喪主が挨拶をして会を締め、葬儀は全て終了
想いを込めたお見送りがしたい人へ 多摩エリアでおすすめの葬儀社ガイドはこちら

【免責事項】このサイトは2017年7月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGETOP