HOME » タイプ別にみる多摩市の葬儀費相場 » 直葬(火葬のみ)

直葬(火葬のみ)

多摩市で直葬による葬儀をするときの、費用の相場について調査しました。

葬儀のタイプ別費用相場・直葬(火葬)編

多摩市内で行う葬儀の費用相場を調査しています。ここでは、直葬(火葬)を行なった場合の費用について調べてみました。

多摩市での直葬の費用相場

多摩市で直葬による葬儀をした場合の費用は、安くて120,000円ほど、高くても200,000円ほどで収まる葬儀会社が多いようです。火葬場利用料を含めての総額で、一般葬や家族葬に比べてかなり費用を抑えることができます。

もっとも高い葬儀社の場合は、火葬式でも400,000円を越えることがあります。きちんと見積りを取り、あとで追加料金などのトラブルがないようにしておきましょう。

直葬(火葬)とは

直葬とは、通夜や告別式などを行わずに、親しい人や親族だけで火葬を行うものです。「火葬式」と呼ばれるものも同じタイプの葬儀を指します。

納棺から出棺、火葬、そして骨上げのみの葬儀になりますが、出棺の際に花や故人の思い出の品を納めてお別れの時間を持つことができます。また火葬の前にお坊さんに読経していただくことも可能です。

ただし、菩提寺に黙って直葬をすると、菩提寺のお墓に遺骨を納められないケースがあります。菩提寺がある場合は事前に相談しましょう。

直葬のメリット

やはりメリットとして大きいのは、一般的な葬儀に比べて費用の負担が少ないこと。通夜や告別式など葬儀の大部分を締める儀式がないので、費用がかなり小さくなります。

また、参列者の対応に追われることがなく、本当に親しい人だけでお別れの時間を静かに持てるのも直葬が増えている理由のひとつのようです。

一般の葬儀では、いただいた香典のお返しや手伝っていただいたご近所の方への挨拶回りなどが必要になりますが、直葬の場合はこういった負担も無くなります。

直葬を利用した方の口コミ

  • 父が入りたいといっていた故郷のお墓は東京からは遠いところ。菩提寺の方が「お骨にして持ってきてもいい」とおしゃってくれたので、火葬にしました。事前に相談しておいてよかったです。
  • 金銭的に余裕がないことを伝えたので、直葬できちんと対応してくださいました。家族で故人を偲ぶことができてよかったです。故人や家族の意志で葬儀の形を決めることが大切だと思いました。
  • 葬儀社に直葬にしたいということを伝えたら、露骨に態度が変わりました。また、役所からは「直葬の場合は葬祭料は支給できない」と言われて困ることばかり。事前に調べておけばよかったです。

多摩市の直葬の流れ・8ステップ

ここからは、多摩市で直葬を行う流れについてご紹介します。

1. ご遺体の搬送と安置

ご臨終後、葬儀社に亡くなった場所などについて連絡をします。

そして医師に死亡診断書を書いてもらい、受け取ります。

ご自宅など、病院以外で亡くなった場合は救急に電話し、医師に診てもらってから死亡診断書を書いてもらいます。

救急に搬送してもらうまで、ご遺体には触れないようにしてください。

病院で亡くなった場合はその病院で死亡診断書が発行されますので、受け取るのを忘れないようにしましょう。

ご遺体をご自宅や葬儀場、火葬場の安置室まで搬送し、安置します。

安置後、宗旨に合わせて枕飾りを行います。

2. 葬儀社との打ち合わせ

火葬の日程や内容について葬儀社と打ち合わせを行います。

ご希望やご不明な点がある場合は、問い合わせておきましょう。

また、火葬許可証や死亡届などの手続きは葬儀社が行ってくれることが多いので、その際に必要な死亡診断書を葬儀社の担当者に渡します。

この段階で、遺影選びを行うと良いでしょう。

3. 直葬に参加される方に連絡する

火葬場の大きさなども考慮に入れながら、直葬に参加して頂くご遺族や親しいご親戚に連絡をします。

この際、日時や場所だけでなく「葬儀が火葬のみ(直葬)であること」をしっかり伝えておきましょう。

直葬の場合、供花・供物などを置く場所がないことが多いので、当日に花束をお持ち頂くといった対応をしてもらう必要があることも連絡しておきましょう。

他にも参加していただく方にお知らせする点があれば、合わせて連絡をします。

4. 納棺

死装束を着せたご遺体を花と一緒に棺へ納めます。

金属やプラスチックなどの燃えにくい素材以外で故人が大切になさっていた物があれば一緒に入れることができます。

花を添えたら棺に蓋をし、釘で打ち付けましょう。

5. 出棺

霊柩車で棺を運びます。

火葬場にご遺体を安置している場合、参加者はそのまま火葬場に集まり、火葬を執り行います。

6. 火葬

故人のお顔を見て最後のお別れを行い、火葬します。

希望があれば、仏式にて僧侶による読経や焼香を行う場合もあります。

火葬には1時間程度かかりますので、その間に控室で参加してくださった方に食事や茶菓子、飲み物などを振舞いましょう。

7. 骨上げ

火葬後、喪主から縁の深い方へと、二人一組で足から頭の順に骨を拾い、骨壺に納めます。

骨上げ後、骨壺は箱に入れて風呂敷に包み、火葬場のスタッフが渡してくれます。

この時、埋葬許可書も一緒に渡されますので、なくさないよう大切に保管してください。

8. 通知状を出す

直葬が終わったら親族やお世話になった方、ご友人などに故人が亡くなったことをお知らせする通知状を出します。

通知状には故人や遺族の意向で直葬を行ったことや、故人が亡くなったことをすぐにお知らせ出来なかったお詫び、亡くなった日付などを含めましょう。

香典や供物の受付に関して、お知らせしたいことがあれば付け加えておきます。

通知を出さなければいけない期限は決まっている訳ではありませんが、葬儀をしてから通知を出すまでにあまりにも時間が経ってしまうと、故人に所縁のある方から連絡や郵便物などが届いてしまうことがあるので葬儀を行ってから2週間以内に出すのが目安です。

年末年始が迫っている場合は、喪中はがきを代わりに出すことも可能です。

葬儀社によってはこの通知状を代行してくれる所もありますので、活用すると良いでしょう。

想いを込めたお見送りがしたい人へ 多摩エリアでおすすめの葬儀社ガイドはこちら

【免責事項】このサイトは2017年7月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGETOP