HOME » タイプ別にみる多摩市の葬儀費相場 » 一般葬

一般葬

多摩市で一般葬を行う場合の費用の相場について調査してみました。

葬儀のタイプ別費用相場・一般葬編

多摩市内で行う葬儀の費用相場を調査しています。ここでは、一般葬を行なった場合の費用について調べてみました。

多摩市の一般葬の相場

多摩市で一般葬を行う場合の費用は、格安のもので350,000円ほどからが相場となっています。一般的な葬儀社の場合は400,000〜700,000円ほどが相場のようです。

これらの金額は火葬場利用料を10,000〜15,000円まで含むプランの場合で、火葬場利用料がこれを超える場合はさらに金額が上がります。一般葬はある程度たくさんの参列者をお迎えするので、あまり貧相にならないように準備をしたほうがいいでしょう。

一般葬とは

一般葬とは、故人とご縁があった知人・友人・仕事関係・ご近所の方など、一般の方を広くお呼びして執り行う葬儀のこと。家族葬に比べて参列者の範囲が広くなるだけで、内容は大きくは変わりません。

たくさんの方が故人にお別れをしに来てくださるので、家族葬よりも大きな葬儀になります。そのぶん多くの一般の方がいらっしゃるので、おもてなしやしきたりが重要。葬儀社のサポート体制などがしっかりしていることが大切です。

一般葬のメリット

一般葬は、家族だけでなく故人の友人・知人や仕事の関係者なども一度にお見送りができるのがメリット。葬儀の後に参列できなかった方々が自宅に弔問に来て、その都度対応する手間が無くなります。

また、故人がお世話になった方にお礼を伝えたり、故人の思い出を参列者から伺いながら故人を偲ぶことができるのは大きなメリットでしょう。故人がどんな人生を歩んできたのかを知ることのできる貴重な機会になります。

一般葬を利用した方の口コミ

  • 一般葬を行いました。家族が気づかなかったご近所の方への対応を葬儀社の方が気遣ってくださったりして、とても満足しています。スタッフの方、花屋の方などみなさん礼儀正しい対応だったので、大変満足しています。
  • 故人が望んでいたため、一般葬にしました。多くの方に見送っていただけたのでよかったです。家族葬が流行っていますが、私たちが知らなかった故人の生前の話を聞く、いい機会ができたと思います。
  • 家族の知らない方の参列があったので、故人が慕われていることが再認識できました。生まれ育った町で多くの方に見送っていただけたので、一般葬にしてよかったと思っています。

多摩市の一般葬の流れ・14ステップ

ここからは、多摩市の一般葬の中で最も多い仏式の流れについてご紹介します。

1. ご遺体の搬送と安置

ご臨終後、葬儀社に亡くなった場所について連絡をします。

医師に死亡診断書を書いてもらい、受け取ります。

病院で亡くなった場合はその病院で死亡診断書が発行されますが、ご自宅など病院以外で亡くなられた場合は救急に連絡し、医師に検視してもらい死亡診断書を発行してもらいます。

その後、ご遺体をご自宅か安置施設に搬送して安置します。

2. 枕飾り

安置してから宗旨に合わせ、枕飾りを行います。

3. 葬儀社と打ち合わせ(1回目)

喪主や通夜、葬儀、火葬について場所や日程など詳細を葬儀社と打ち合わせします。

ほとんどの場合、火葬許可証や死亡届などの手続きは葬儀社が行ってくれますが、その際に必要となる死亡診断書を葬儀社の担当者に渡しておきます。ご希望や気になる点などがある場合は、あらかじめ伝えておきましょう。

4. 訃報

葬儀にお呼びする方のリストを作成し、電話や電報にて連絡をします。

メールやSNSのメッセージは読まれない可能性があるので避け、相手に直接電話か電報で伝えるのがマナーです。

尚、訃報には以下の項目を含めます。

  • 故人のお名前
  • 亡くなった日時
  • 葬儀の様式
  • 通夜、葬儀、告別式の場所、時刻
  • 喪主の名前と続柄

香典や供花、供物などについて参加して頂く方にお知らせする点があれば、合わせて記載します。

5. 納棺

死装束を着せたご遺体を棺に納めます。

故人が生前大切になさっていた物で、燃えにくい金属やプラスチック以外の物であれば一緒に入れることが出来ます。

6. 通夜

喪主や遺族は、通夜開始の2時間前から会場で準備を行いましょう。

準備には段取りの確認や芳名帳や筆記用具の準備、会葬礼状や供花、供物に記載されている名前の記載の確認、通夜ぶるまいの準備などが含まれます。

通夜開始の30分前から受付をはじめ、通夜を開始します。

僧侶による読経が行われ、喪主、遺族、参列者の順に焼香を行います。

最後に喪主が挨拶し、閉式となります。

通夜が終わり次第、遺族や親族、僧侶、お世話になった参列者に軽食などを振舞う通夜ぶるまいが行われます。

この際、僧侶にお布施を渡しましょう。

7. 葬儀社と打ち合わせ(2回目)

葬儀の内容や火葬場まで参加する人数や車の手配、精進落としの料理や人数について最終確認を行います。

1回目の打ち合わせ同様、ご希望や気になる点がありましたら伝えておきましょう。

8. 葬儀

葬儀開始の1時間ほど前に喪主や遺族は、会葬御礼品、会葬礼状の準備や、弔電や弔辞の名前順の確認などを行います。

会式後、僧侶による読経、弔電、弔辞の紹介、焼香が行われます。

9. 告別式

火葬前に故人のお顔を見てお別れするのが告別式です。

参加者は花を飾り、最後に棺に蓋をして釘を打ち付ける石打ちが行われます。

10. 出棺

霊柩車に乗せた棺を火葬場まで運びます。

火葬に参加される方は、あらかじめ手配していた車で火葬場まで移動しましょう。

11. 火葬

僧侶が同行する場合は、最後に読経や焼香が行われます。

火葬が完了するまで数時間かかるので、控室で喪主はお礼の挨拶を行ったりお茶菓子を振舞ったりします。

骨上げまで時間がそれなりにあるので、次回の法要のスケジューリングを親族と行うのも良いでしょう。

12. 骨上げ

火葬が終わったら骨壺に足から頭の順に骨を収める骨上げを行います。

喪主から縁の深い人の順に二人一組で、足から順に骨を拾います。

骨上げ後、骨壺は箱に入れて風呂敷にくるんだ状態で火葬場のスタッフが渡してくれます。

合わせて埋葬許可証を受け取りましょう。

13. 初七日法要

火葬後、還骨法要を行います。

還骨法要では、僧侶による読経と焼香が30分程度行われます。

最近では、火葬後に繰上げて初七日法要を還骨法要と合わせて行うことが多いです。

14. 精進落とし

僧侶や親族、お世話になった方と共に食事をする「精進落とし」が行われます。

精進落としの際、喪主は挨拶や感謝の言葉などを述べましょう。

想いを込めたお見送りがしたい人へ 多摩エリアでおすすめの葬儀社ガイドはこちら

【免責事項】このサイトは2017年7月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGETOP